タコのディスプレイ@三越日本橋本店

タコカルチャー
🐙発見日
2017年7月中旬

🐙発見場所
東京 日本橋 三越本店

三越伊勢丹は7年前から「JAPAN SENSES(ジャパン  センスィズ)を展開。日本の伝統・文化の再確認〜新しい価値の提供を目指しています。
今年の期間は2017年6月28日(水)〜7月11日(火)。テーマは「艶祭」

「艶祭」とは。。。

掲示ポスターによると

「豊かな色」と書き表す「艶」の字のように、この夏を鮮やかに彩ります。
古来より「多幸」に通じると言われている縁起の良い「タコ」が皆様をお迎えいたします。

とのこと。

今年「艶祭」のメインキャラクターに選ばれたタコが三越、伊勢丹の店内、ウィンドウディスプレイで大活躍しています。
7月11日(火)までがメインの期間ですが、ディスプレイは7月31日(火)まで展開しています。

(写真撮影、掲載許可いただきました。ありがとうございます)

ところは日本橋にある三越の本店。

歴史あるこの正面玄関。重厚なライオン様の頭上にも艶祭タコ提灯🐙

4つのメインウィンドウの様子です。

縁側状の椅子が置かれ、休憩スペースでもあり、自分がウィンドウの1部になって楽しむこともできる配慮が嬉しい。

タコを豪快に貼りまくっています。

ウィンドウディスプレイその1

見えにくいのですが、背後の建物の屋根の上には、金のタコが!!

打ちあがる花火の中で輝いています。

ウィンドウディスプレイその2。

ウィンドウディスプレイその3。

ウィンドウディスプレイその4

バックはずらっと並んだたこ焼きの屋台。

猫がタコ提灯をつけようとしている様子がユーモラス♪

きわめつけは、この猫文字。国芳の手ぬぐいの図柄のようですね。

国芳の浮世絵ふんわりてぬぐい蛸とふぐ

新品価格
¥660から
(2020/9/24 18:27時点)

そして、正面玄関を入ってすぐのディスプレイ

ご多幸な鳥居です。

ああ、なんて素敵♪

ディスプレイで多用されていたタコのうちわは商品ではないため、残念ながら販売していないそうです。次回はこうしたタコ絵のついたうちわのほか、扇子、きんちゃく袋など小物グッズの販売を期待します。

グッズはありませんが、お近くをお通りの際は、ぜひ目にご多幸を焼き付けてくださいな。

One thought on “タコのディスプレイ@三越日本橋本店

Comments are closed.