タコの神@竹中健志郎

イベント, オススメ記事, タコグッズ、アート

「神になった動物たち」
ペーパーレストラン2016 紙の力・紙を使いこなしたアートの世界展

○会期:2016年10月30日(日)〜11月6日(日)
10:00〜19:00(最終日のみ17:00)

○会場:東京都港区東新橋1-7-3 トッパンフォームズビル1Fホール

○主催:一般財団法人日本ペーパークラフト協会、(株)オフ・クリエイトークリ8

○イベント公式Webサイト:http://www.j-papercraft.com/paperrestaurant2016

○入場無料

タコ神1

一般社団法人日本ペーパークラフト協会と株式会社オフ・クリエイト-クリ8は共催で「ペーパーレストラン2016- 紙の力・紙を使いこなしたアートの世界 – 「KAMI神(GAMI)になった動物たち」を、2016年10月30日(日)から2016年11月6日(日)までトッパン・フォームズ株式会社本社ビル一階ホールで開催いたします。

本イベントは昨年の「紙から生まれたTaketoriの物語」に引き続き「ペーパーレストラン 紙の力・紙を使いこなしたアートの世界展」の第三回として開催するものです。

21人のペーパーアーティストが「KAMI神(GAMI)になった動物たち」をテーマにオリジナル作品を制作し展示する展覧会

出展作家(あいうえお順)秋山美歩/アクツユウト/AJIN/石川日向/加藤幸吉/黒須和清/佐倉圭/高橋孝一/高橋洋一・高橋としえ/竹中健志郎/田島司/長尾昌枝/中村耕二/中山ゆかり/張江真代/百鬼丸/古橋恵美/ベーネ/松本康孝/村尾沙織/幸印

特別展示 東京都立大崎高等学校ペーパージオラマ部

(公式webサイトhttp://www.j-papercraft.com/paperrestaurant2016より抜粋)

ここに登場したのが、竹中健志郎さんのペーパークラフト。

タイトルは「蛸の神

会場のキャプションによると

「昔の日本では、蛸の八本もあるうねうねとしたあし、ヌメヌメとした身体、吹きかける黒い炭など奇妙な姿かたちを見て恐れ神と祀ったそう。龍神の使いであり、荒波の中、大蛸が現れ船を沈めるなど逸話は数々。蛸神の持つ荒々しさと禍々しさを表しました。」

使用している紙は、里紙(さとがみ)。自然のぬくもり、優しさを感じさせる、素朴な味わいのファインペーパー。

こちらが蛸神さまです。ご挨拶いたしました。

タコ神2

角度によって、見え方が違います。

ボディは、神にふさわしく、神々しいゴールド。

タコ神3

頭部のアップ。

タコ神4

パーツが網の目のように組み込まれています。建築家に通ずる緻密さ。

使用している里紙の色は、12色。(水、わら、からし、やまぶき、あずき、紺、うすあい、すぎ、古染、柿、枯葉、あやめ)この絶妙なカラーリングが美しい。

様々な細胞、記憶、想いなどを内包して蛸の神を形成しているように見えます。

タコ神5

この大胆かつ巧妙に計算された作品は、どのように作られたのか。ご本人による制作過程の動画はこちら。