蛸富士Tako Fuji@Mr.Amazer

タコグッズ、アート
タイトル:「蛸富士」(「Tako Fuji」)

作者:Mr.Amazer

展示場所:「atoa」3F 「探求の室 FOYER」

公式Webサイト:https://atoa-kobe.jp/

神戸ポートミュージアム(KPM)にある新感覚水族館「atoa」に行って来ました。水族館に関する詳細記事はまた別に書きますが、今回はお目当ての一つ、タコの壁画について。SNSでよく目にする絵で、実物が見たかったのと、作者、作画の意図が知りたかったのです。壁画は水族館の3F「探求の室」にあります。

こちらです!タイトルは「蛸富士」。葛飾北斎作の有名な浮世絵「赤富士」とタコが合体。

銭湯に描かれている富士山の壁画を連想させますね。手前にあるのは、もちろん湯船ではなく水槽ですが。中にはマレーハコガメとポルカッドットの2種類が居ました。

絵の細部を見てみます。タコの表皮の表現が気になります。

絵の作者はM r.Amazerさん。生き物迷路を描く、迷路アーティスト。そう、この絵はただの絵ではなく、迷路なのです。兵庫を代表する生き物として”明石のマダコ”を題材に選び、マダコの表皮から迷路をイメージしたとの事。

このタコ迷路は、タコの右下(作者サインの下)にある「S」マークからスタート。

左下の「G」がゴールです。

壮大なスケールの蛸富士迷路、現地でチャレンジしてみてはいかがでしょう。