タコ彫刻 @田島亨央巳 木彫展2018

タコグッズ、アート

田島亨央巳 TAJIMA Takaoki 木彫展

田島亨央巳木彫展〜花も嵐もお彫刻〜

会期:2018年11月7日(水)〜13(火)

会場:日本橋 三越本店6階 アートスクエア

日本橋三越本店にて、日本の良さを発信する商品情報発信期間「JAPAN SESNSES」の”感性”部門として、田島亨央巳さんの木彫展示販売が開催。

ユーモラスで愛らしい、木の温もり溢れる作品。

仏師の流れを汲む彫刻一家に生まれた彫刻アーティスト、田島亨央巳氏による、ユーモラスで愛らしい動物彫刻を約20点展観いたします。祖父から譲り受けた、名工、故千代鶴是秀の鑿(のみ)を使い、クスノキを手作業で彫刻。アクリル絵具で着彩した後、蜜ろうで仕上げています。(日本橋三越 作家紹介文より抜粋)

ちなみに、出展数は20→37に訂正されています。

三越画廊での初個展。気合い入っています。

私tacotacoは2016年、田島さんの「猫にタコ」に魅せられて以来、田島彫刻のファンなので、今回もタコをメインに鑑賞いたしました。

まず今回の個人的な目玉は、こちら。

天に昇るタコを慈愛に満ちた姿で見送るハシビロコウ。

そのタイトルは

「タコピエタ」。

様々な角度から見てみます。

ユニークな発想、センスのよさ、手彫りの温かみに美しい色彩。

名作です。

タコの脚が色っぽい。

表情は、汚れのない赤子のようです。



次に、イカバージョンもある、こちら。

「饅頭を持ったタコ」

実に愛らしい。

お饅頭が、ハートのようにも見えます。

イカバージョンはこちら。



そして、もう一つのタコモノは、こちら。

「UFOと火星人」

タコではなく、火星人ですものね。

蛸壺に入るように、このUFOに収まって、宇宙を旅するのですね。

タコモノは、以上の3作品でした。

相変わらず、素晴らしく愛らしいタコたちでした。

さて、タコモノを十分堪能したところで、展示全体もご紹介します。






タコ以外の、今回のピエタ作品。

「イカピエタ」

「リスピエタ」

「マヨネーズを持ったロケット」ピエタ

ほかにも。

彫刻だけでなく、素描も展示されていました。

ほぼ1時間ほど在廊し、田島ワールドを堪能。特性ピエタポストカードも頂き、ありがとうございました。

見れば見るほど、ストーリーが湧き上がってくる、生き生きとした彫刻たち。

今回の展示作品はほぼ完売状態で、人気の高さも頷けます。

また新しい作品たちに会えるのを楽しみにしています。

田島亨央巳さんの彫刻関連記事は、こちら。

猫に蛸@田島亨央己 Takaoki Tajima

タコピエタ@田島享央己

タコ彫刻たち@田島亨央己Takaoki Tajima