メンダコとメンダコマット@「ゾクゾク深海生物2019」

タコ水族館

「ゾクゾク深海生物2019」

会期:2019年1月12日(土)〜3月10日(日)10:00〜18:00(水族館の営業時間に準ずる)

会場:東京、池袋、サンシャイン水族館

詳しくは下記公式Webサイトをご参照下さい。

http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/


関連記事はこちら。

「ゾクゾク深海生物2019」@サンシャイン水族館

会期の開始当初は展示まで至らなかった人気のメンダコ

深海生物の展示をする際、やはり来場者のお目当て人気上位に君臨するメンダコゆえ、期待を裏切らないようにと水族館側にもかなりのプレッシャーがあります。

どなたがいついらしても、元気なメンダコが数体展示されているのが理想ですが、都心のサンシャイン水族館にとって、それはとても困難な状況のようです。

今回の「ゾクゾク深海生物2019」では1月中旬に一度、メンダコの展示がありました。

その様子がこちら。

この日は、会場入り口すぐの水槽に展示され、このようなゴージャス⭐︎メンダコマットまでありました。

こちらが、この日のメンダコ。

岩の上に鎮座されていました。

ちょっと不安定そうな体制です。

参考画像

メンダコ:Japanese pancake devilfish

日本近海

水深:200〜1000m

浅瀬に棲むタコとは違い、8本の脚の間にスカート状の膜が足先近くまで広がっています。

海底を離れて泳ぐときは耳のようなヒレをバタバタと動かしたり、足を広げることで移動を行っています。

(館内キャプションより)

私が観察中には微動だにしませんでしたが、水槽内の水流に委ねた耳型のヒレがゆらゆらするのを見ているだけでも癒されました。

このメンダコも急な体調悪化に伴い、残念ながら数日間のみの展示となりました。



また、メンダコ登場の際に敷かれた このメンダコマットも話題となっています。

まさわざっかさんデザインのこのマットは、メンダコ生体が展示されて際に敷かれるようですが、人気があるため、商品化を期待する声も上がっています。

お風呂マットや、ペット用マットになったらぜひ欲しいですね。

これから「深海生物2019」に行かれる方、展示状況は随時変化するため、メンダコ生体等の展示に関する情報は、サンシャイン水族館の公式ツイッターをチェックして下さい。

私はタコ推しなのでタコ情報を掲載していますが、もちろん他の深海生物も魅力的です。

また、メンダコ生体展示がなくとも、人気ノベル「深海カフェ海底二万里」のフォトスポットもあります。

屋上ではペンギンも飛んでいます。

ぜひ多角的に楽しんで下さいね。