瀬戸内国際芸術祭2019

イベント, タコグッズ、アート
会期:2019年の以下3期間

ふれあう春:4月26日(金)〜5月26日(日)
あつまる夏:7月19日(金)〜8月 25日(日)
ひろがる秋:9月28日(土)〜11月4日(月)

会場:直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、沙弥島(春のみ)、本島(秋のみ)、高見島(秋のみ)、粟島(秋のみ)、伊吹島(秋のみ)、高松港周辺、宇野港周辺、広域・回遊

公式Webサイト:https://setouchi-artfest.jp/

「瀬戸内国際芸術祭」は2010年の第1回目以降、3年に1度開催されています。

コンセプトは以下の通り。

瀬戸内国際芸術祭は、「海の復権」をテーマに掲げ、美しい自然とに人間が交響してきた瀬戸内の島々に活力を取り戻し、瀬戸内が地球上のすべての地域の「希望の海」となることを目指しています。

(公式Webサイトより)

一過性のイベントではなく、継続的に瀬戸内地域の活性化と発展を目指すプロジェクトです。

そんな今回の瀬戸内国際芸術祭のビジュアルには、瀬戸内海に生息する海の生き物が採用されました。

春、夏、秋と三つあるうちの秋期間に採用されたのが、こちらのタコです。

実にクールで美しいビジュアルです。

こちらの中面は、秋会期の展示案内媒体となっています。



このビジュアルだけでも嬉しいのですが、公式グッズに、これまたクールなタコものを発見しました。それがこちら。

デザインは、瀬戸内国際芸術祭コミュニケーション・ディレクター 原 研哉氏。

手ぬぐい
A5サイズファイル
マスキングテープ
マスキングテープの柄。

他にもまだ種類があります。

私は新橋にある香川&愛媛アンテナショップ「せとうち旬彩館」で購入しましたが、以下の公式サイトから購入可能なものもあるようです。ご興味ある方はチェックしてみて下さいね。https://setouchi-artfest.jp/visit/goods/