綿津海(わだつみ)神社と「たこ神さま」@岩手県 九戸郡 野田村

オススメ記事, タコ寺、神社
所在地:岩手県九戸郡野田村10-40-21

建立:興国年間(1340年〜1346年頃)

例祭:旧暦9月19日

参考文献「トレイルのだむら みどころマップ」野田村歴史ものがたり
Webhttps://www.noda-kanko.com/kankou/201803nodatrailmap.pdf

( 2011年3月11日発生の東日本大震災で流失。)

岩手県九戸郡野田村はNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台、久慈のご近所。

三陸鉄道リアス線沿線上に位置します。

その野田村十府ヶ浦海岸沿いにあったとされる綿津海神社

神社は残念ながら2011年3月11日発生の東日本大震災で流失しましたが、ここには「たこ神さま」が祀られていたそうです。

以下、野田村に伝わる「たこ神さま」にまつわる昔話です。

『町を流れる米田川にまつわる昔話。昔々、朝霞の残る川べりで、若い娘が草刈りをしていた。すると、草むらから袖を引っ張るものがある。見るとそれは、なんとタコであった。驚いた娘は、手に持っていた鎌で、蛸の足を1本、切り落としてしまった。

その時、空は曇り海は大荒れ、娘は病の床に伏せってしまった。そのタコが米田川の主「たこ神さま」であったことが分かり、その7本足のタコを祀ったところ、娘の病は治ったという。』

祀られた7本足のたこ神さまを拝見したかったですね。