ミズダコの脱皮

オススメ記事, タコ学, タコ水族館、博物館

タコは脱皮します。といっても本体ではなく、吸盤です。

タコの吸盤は、タコにとって第二の脳と言われるくらい大切な部分。吸盤には、吸着する対象物の内容を把握する能力が備わっているからです。

そのため直接いろいろなものに吸着し、接着面の消耗が激しく、常に接着面を新鮮に保つ必要があるので、頻繁に吸盤の脱皮をするそうです。

足をぐるぐる振り回しながら、吸盤の脱皮を行います。

その様子がこちら。ミズダコです。

脱皮した皮が、ひらひら水中に舞っています。

半透明で、非常に薄いコンタクトレンズのような皮がひらひらと舞っています。よく見るとなるほど、吸盤の形をしていますな。

水族館でタコの水槽の中に、このヒラヒラを発見したら、それはタコの吸盤の舞いです。